延滞ブラック情報を消す方法

養子縁組や結婚、出家での氏名変更で別人格での借入れは、マイナンバー制度の導入により、個人信用情報機関にマイナンバーが登録され次第不可能になってしまいます。
だからと言って、貸金業者に延滞を続けていても、貸金業者が損金処理でもしない限り、勝手にブラックリストから消えるものではありません。
延々と個人信用情報機関に延滞の情報が登録されたままになっているのです。
これからご説明する時効の援用や債務整理で一日も早く延滞ブラック情報を消すことが望ましいです。

延滞ブラックを消す方法

個人信用情報機関に登録された延滞ブラック情報を消す方法としては、「時効の援用」ですが、「時効の援用」ができない場合等ありますので、注意して下さい。

関連記事:長期延滞ブラックでも借りれた【ブラックでも作れるクレジットカードが存在した

時効の援用について

貸金業者からの借入は最終取引日(最後に支払った日)より5年で時効の援用ができます。

一般的なケース

消費者金融などからの借金の場合、消費者金融などは「次回返済日」を決めています。

通常、返済した際に出てくるレシートや領収書に記載されています。

この最後に返済した際の「次回返済日」+1日が時効の援用のスタート日です。

時効の援用で時効が成立しないケース

返済を一切せずに5年が経過し、貸金業者に時効の援用を行使することを伝えたとしても残念ながら時効が成立しない「時効の中断」や「債務の承認」というものがあります。

貸主からの請求

「請求」と言っても2つのパターンがあります。

・裁判所へ裁判などをおこすケース

→支払い督促のケース(例外)

貸金業者は返済が無い場合、裁判を起こすことができます。

裁判所に裁判を起こした場合、5年のカウントがストップして残念ながら振り出しに戻ってしまいます。

いわいる「夜逃げ」をされた方は住民票を動かさずに姿をくらませます。裁判を起こされると裁判所から通知がくるのですが「夜逃げ」の場合住所がわからないので通知が届かないケースがあります。

通知が届かなければ安心かというとそうではありません。住所がわからないままでも裁判を起こすことができます。その場合、自分の知らないところで裁判を起こされていることがありますのでご注意ください。

また、裁判以外には「差押え」をされた場合、カウントがストップして振り出しに戻ります。

・口頭や郵便で請求するケース

→内容証明郵便の場合

いわゆる「督促」です。

消費者金融の場合最初は電話でする場合が多く、それでも支払いがないと郵便で督促することが多いです。

この場合はなんと、カウントがストップして振り出しにはもどりません。

いわゆる「督促」の場合は、これをしてから6カ月以内に裁判を起こさないと振り出しにはもどらないことになってます。

貸主としては裁判を起こすか、差押えをしないとカウントをストップして振り出しに戻すことはできないのです。

債務の承認

借りた人が、自分の借り入れの事実を認めた場合振り出しに戻ります。

これを「債務の承認」と言います。

具体的には、1円でも返済をすると「債務の承認」となるので非常に注意が必要です。

さらに、5年の期間経過後でも消滅時効の援用前に1円でも返済すると振り出しに戻ります。

5年後に住民票を動かしたら、突然、督促がくるのはこのためです。

貸金業者はいろいろな方法を使って、少額の返済を迫ることもあります。

特に時効完成後に支払った場合、遅延損害金だけで、借りた金額の数倍の金額を支払うことになりかねないので注意が必要です。

時効が援用できない場合には?

時効の援用ができず、延滞中で一番早く延滞ブラック情報が消えるのは、債務整理です。

債務整理には任意整理・特定調停・個人再生・自己破産がありますが、その中でも自己破産が一番早く延滞ブラック情報が消えますし、自己破産で免責が確定すれば、5年経たなくても貸してくれる正規貸金業者は多数あります。

関連記事:【自己破産5年以内のブラックでも借りれるところ

自己破産で延滞情報を消す

時効の援用以外で早く延滞ブラック情報を消す方法は、自己破産です。

自己破産の例でいうと破産免責確定の日から破産の事実(異動情報)は
・CIC(株式会社シー・アイ・シー) ※クレジットカード会社、信販会社系は5年
・JICC(日本信用情報機構) ※消費者金融(サラ金) 信販系は5年
・JBA(全国銀行個人信用情報センター) ※銀行系は10年

で消えます。

個人信用情報の開示については、【個人信用情報の開示請求の手続き方法】を参考にして下さい。

任意整理で延滞情報を消す

特定調停・個人再生等の債務整理で完済後5年、任意整理後に一度も遅れずに支払いをした場合には、手続きから5年後に延滞ブラック情報は消えます。

・「任意整理」 ⇒ 完済から5年程度(一度も遅れずに支払った場合には、和解の日から5年)

・「個人再生」 ⇒ 完済から5年程度(一度も遅れずに支払った場合には、和解の日から5年)

※「全国銀行個人信用情報センター」では自己破産等の債務整理をきちんとしても10年間消えませんので、10年間「異動」(金融事故情報)が載り続けます。
参考になる関連記事:現在延滞中でも10万円なら借りれる

関連した記事

About the Author: karireruyo

1 Comment

  1. Pingback: 延滞・長期延滞中でも借りれるところ – ブラックでも借りれるところ!

Leave A Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です