自己破産して免責がまだ、だけど借りたい

自己破産の申立てはしたけど、免責がまだ決定していないけど借りたいと思っている方、借りれるところがなくてもヤミ金に手を出してはいけません。
自己破産の申立てが終わり、免責を待っている間にも、急にお金が必要になってしまう場合もあると思います。

自己破産の免責がまだ、でも借りたい

もう少し待って下さい。免責前に借金をすれば、あなたが自己破産後の免責を受けられなく場合がありますし、貸す側の金融会社も正規登録されていれば貸すことはないと思って下さい。

免責前にお金を借りたいと思っているのは、自己破産の申し立てを弁護士や司法書士に頼んだ人に多いです。
一昔前までは、免責決定までに半年から一年かかっていましたが、もうそんなにかかりません。

弁護士や司法書士に分割払いの契約をして、分割払いが完済されるまで、免責を遅らせるまたは自己破産の申し立てすらしない弁護士や司法書士も存在します。遅らされれば借りれるようになるまでもどんどん遅れるのですから、取立ての電話や郵便が来なくなったことで安心していてはいけません。

自分で申立てした方が早いかもしれません。裁判所に行けば「申立書」がもらえ、少しの手間で費用も安く抑えられます。印紙代等で2万円くらいでしょう。

本当は、弁護士費用も破産債権なので、債権者一覧表に入れなければいけないのですが、まさかそんなことをしてくれる弁護士や司法書士はいません。

あなたが、まだ免責決定されていないなら、正規貸金業者で借りることはあきらめてください。

免責前にどうしてもお金が必要な方

貸金業者も馬鹿じゃありません。
自己破産しても免責確定までは、破産債権一覧表に入れ込まれる可能性があるので、貸したりしません。
それに借りれたとしても犯罪になりますので、免責決定まで待ちましょう。

もう少し我慢して免責が確定してしまえば、安心して貸してくれる消費者金融はあります。

例えばフクホー、アスカ、キャレント、エニー、スペース、キャネット、フタバ、エイワ、アルコシステムなどあります。

免責前でも稼げば何とかなる

どうしてもお金が必要で、ヤミ金にまで手を出してしまう方がいらっしゃいますが、そんな馬鹿げたことは絶対やってはいけません。
ヤミ金から借りなくても、高収入を稼げるアルバイトがあります。

治験という言葉は耳にしたことがあるかもしれませんし、興味はあったけど、どうしたらいいのか分からないといった方もいらっしゃるでしょう。

詳しくは【ヤミ金・闇バイトの前にできること】に書いてありますので、一読してみてはいかがですか。

関連記事:【自己破産1年以内のブラックでも借りれるところ

免責前でも借りれるところ

自己破産の申立てをして、免責決定がまだであっても借りれるところとは、社会福祉協議会です。
社会福祉協議会には、生活困窮者自立支援制度という生活費等のお金にに困った時に利用できる便利な制度があるのです。

生活困窮者自立支援制度とは、さまざまな困難な中で、生活に困窮している人に包括的な支援を行う制度です。

例えば、

「リストラされて仕事がみつからない」
「社会に出るのが不安で引きこもっている」
「失業して家賃を滞納していて、家を追い出されそう」

といった状態ならば、社会福祉協議会に相談してみましょう。

詳しくは【現在延滞中でも10万円なら借りれる】に書いてありますので、是非参考にしてみて下さい。

最後に

自己破産をすると、官報から抽出された情報を基に、どこからか『貸します!』とダイレクトメールが届きます。ダイレクトメール中にはヤミ金もありますので、ダイレクトメールが届いたりしたら『登録貸金業者情報検索入力ページ』で貸金業登録番号の確認をしましょう。

関連した記事

About the Author: karireruyo

1 Comment

  1. Pingback: 自己破産1年以内のブラックでも借りれるところ – ブラックでも借りれるところ!

Leave A Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です