専業主婦・専業主夫でも借りれるところ

専業主婦・専業主夫でも借りたいという時があります。しかし、総量規制というハードルがあるので、ブラックでなくても借りれる消費者金融は限られます。
しかし、専業主婦・専業主夫でも借りれるところはあります。

専業主婦・専業主夫でも借りれる消費者金融は?

一般的に消費者金融と銀行カードローンを比較した場合、消費者金融の方が簡単に利用できる という印象を受けますが、専業主婦専業主夫がお金を借りる場合、消費者金融よりも銀行カードローンの方が適していることもありますので、必ずしも「消費者金融の方が簡単」とは言えません。消費者金融系は、本人に収入がないと申し込みができないところがほとんどですね。

そんな中、レディースフタバベルーナノーティスだけ例外(本人または配偶者に安定した収入があれば申込み可能)になっています。

専業主婦・専業主夫が消費者金融に申込む場合

総量規制と消費者金融の関係について 2010年の改正貸金業法の施行により、「総量規制」という制度が始まっています。「総量規制」という言葉は聞いたことがある、という方もいるかもしれませんが、簡単に説明するなら、消費者金融が融資できるのは、年収の3分の1まで というものです。例えば、年収150万円のパート勤務の方なら「50万円」を上限に融資ができる、というものです。

しかし、専業主婦の場合は、家事や育児を頑張っていても「年収」がありませんので、消費者金融から借りるのは不可能ということになります。

関連記事:【失業して無職でも借りれるところ

関連記事:【総量規制以上の借入をする方法

総量規制対象外であることが必要条件

専業主婦専業主夫が利用できるカードローンは、総量規制対象外のサービスの中にあります。総量規制は、消費者金融や信販会社などの貸金業者を取り締まる法律にある仕組みで、銀行とは関係のないものです。つまり、銀行カードローンなら、独自の審査基準で「年収の3分の1」よりも多く融資をすることがある、ということになります。しかし、銀行カードローンのすべてが専業主婦専業主夫に融資しているわけではありませんので、専業主婦専業主夫が利用できる銀行カードローン を選ばないといけません。

専業主婦・専業主夫が利用できる銀行カードローンとは

専業主婦が利用できる銀行カードローンには、・楽天銀行スーパーローン・みずほ銀行カードローン・三菱東京UFJ銀行バンクイックなどがあります。

どちらも専業主婦専業主夫の場合は、「限度額30万円」と制限されていますが、主婦・主夫に人気の高いカードローンになります。

ちなみに、楽天グループの楽天銀行のカードローン(スーパーローン)は専業主婦でもOKと謳っており、しかも審査時に申告する内容には夫の勤務先や収入はおろか氏名すら入力する必要がありません。

ほかの銀行系カードローンでも(貸金業法の総量規制がないため)専業主婦でもOKとなっている商品がありますが、どこも基本的に夫の情報を申告する必要があります。収入のない専業主婦に金を貸すのですから当たり前といえば当たり前なのですが。

では楽天銀行では夫の情報ナシでどのように与信判断をしているかというと「楽天市場や楽天オークション、その他の楽天グループ企業での購買履歴、利用履歴」を見て判断しています。

ということで、実は楽天グループのサービスを一度も利用したことがないと専業主婦専用のカードローンの審査には通りません。逆にいえば楽天グループのサービスを利用していて利用状況がよければ「本当は独身だけど専業主婦として」審査が通る可能性はあります。

すでに借金が膨れてしまったという方は、【総量規制で借りれない方へのアドバイス】も参考になると思います。

関連した記事

About the Author: karireruyo

1 Comment

  1. Pingback: 失業して無職でも借りれるところ – ブラックでも借りれるところ!

Leave A Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です