アドバイス・・・総量規制で借りれない方へ

お金を借りるときは、融資額が1世帯の総収入の3分の1を超えてはいけないという、総量規制があります。これはあくまで、原則ということであります。もちろん、借入れた金額が総量規制で決められた金額になってしまった場合でも、例外として借りることができるケースというのがあります。
この総量規制の例外や総量規制対象外を理解しておくことは、総量規制ということでもうお金を借りられないと思った方も、条件を満たしていれば、お金を借りることができるのです。

総量規制の対象外

また、総量規制というのは、消費者金融などの貸金業法でのことですので、銀行のカードローンやおまとめローンについては、貸金業法ではなく、銀行法に基づく融資となるので、総量規制にある総収入の3分の1ということを気にする必要がないのです。総量規制になるくらいまで、消費者金融で借入したとしても、銀行に行って申込を行えば、銀行で借入することができるのです。

事業目的の場合について

消費者金融でも総量規制の対象外に相当するということで、事業で使うのであれば、用途を明確にして、証明書などを提出することによって融資を受けることができます。

個人向けの場合について

病院で手術費用が必要などで人道的に必要なときは総量規制の例外ということで、新たな融資を受けることができます。
総量規制によって、借りられないからといっても、先ほど述べたように、例外や対象外になるもの、銀行からのものについては、総量規制と関係なく、借りられるということを覚えておきましょう。
ただ、総量規制の例外や対象外であっても、無制限に融資を受けられるというわけではありません。ある程度の基準などがあったりしますので、基準などに関しては、事前に確認をしておくことが必要になります。総量規制の対象外や例外によって、借りられたお金については、借りたところと相談をおこなって、返済の計画を立てて、返済を行うようにしましょう。もちろん、これまでに借りた分もありますので、返済はきつくなることもありますが、総量規制によって、もう借りられないということはないということはありません。

銀行の場合については、銀行法に基づいて融資を行っているので、銀行から借りられる金額も違います。そして、貸金業法の総量規制によって、借りられるお金が制限されるわけでもありませんので、消費者金融でお金が借りられなくなったら、銀行に行くといいということをよく聞くわけなのです。銀行である程度借りておいて、消費者金融の分を完済して、それから銀行で借りたお金を返済する形も少なからず多いと思います。
総量規制でお金をこれ以上借りられないという時は、人道的な面、事業に関する資金であれば消費者金融でも借りられますが、それ以外の場合は銀行のカードローンを利用することで総量規制によって、融資を受けられる金額が制限されることはありませんので、総量規制で借りられないという方はこれを読んで、参考にしてみてください。 

総量規制で借りれない人のためのアドバイス

1.サラリーマンの場合(派遣社員、パートも含みます)

  • 残業等で収入を増やす
  • 副業、アルバイトで収入を増やす
  • 副業を本業として自営業者になる
  • ヤフー等のオークション収入を得る
  • 銀行のカードローンでまとめる
  • 不動産担保融資等でまとめる

2.主婦の場合

  • 銀行のカードローンを利用する
  • パートで働く
  • ヤフー、楽天等のオークションで収入を得る
  • メルカリminne等でハンドメイド作品を売って収入を得る
  • 内職等で自営業者の扱いになる

フランチャイズ加盟して開業資金0円で自立

開業資金0円や自宅でも開業できるフランチャイズ、経験なしでも飲食店・介護等のフランチャイズ加盟で低資金で開業できます。

先ずは資料請求



3.自営業者の場合

年収の3分の1以上借りれるビジネスローン

規制の対象外として有名なものは「住宅ローン」や「自動車ローン」等がありますが、今回それ以外の方法をお教えしたいと思います。

それは「ビジネスローン(事業主向けローン)」です。

属性が比較的良い方は、【総量規制以上の借入をする方法】もお読み下さい。

もし不動産をお持ちなら、【総量規制に関係なく借りれる不動産担保ローン】を参考にしてみて下さい。

ビジネスローンを借りれるの手順

1.所轄の税務署に開業の届けを提出

届け出に必要なものは、印鑑とボールペンだけです。業種は任意のもので構いません(例:リサイクルショップ)

先に用紙に記入して行くと5分程度で終わります。

個人事業の開業・廃業等届出書
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/pdf/04.pdf

青色申告にするとメリットが高いようですが、白色申告でもOKです。

開業の届けを出せばビジネスローンが受けられるだけでなく屋号(店名)で口座が作れたり、領収書を集めて経費として申告すれば住民税が安くなったりもします。

2.固定電話を準備して屋号で104登録する

固定電話は必要不可欠です。どこにもお金を借りる必要がない会社なら必要としませんが、固定電話があることは信用度が違います。
電話を早く引きたい。電話番号が今すぐ欲しい!
日本全国スピード開通《電話加入権.com》

3.ホームページを準備する

ホームページは省略しても構いませんが、あるに越したことはありません。

自分で制作できる場合は、無料レンタルサーバーや格安でできるオンラインストアなど活用して下さい。

オンラインストアの開設は、お試し無料の カラーミーショップ で!

4.後は、好きな会社でビジネスローンを受ける

「ビジネスローン 即日」とググるとたくさん会社が出てきます。
MRF
事業資金融資ならMRFにお任せ!

※総量規制は多重債務者を無くす目的の為、2010年6月18日に貸金業法改正の柱として導入されました。総量規制は貸金業法の中の法律の為、適用されるのは貸金業者のみとなりますが、簡単に言えば銀行以外のノンバンクはすべて貸金業者に該当することから消費者金融・信販会社・クレジットカードのキャッシングすべて年収の3分の1以上の貸付は法律で禁止されることとなりました。 総量規制の除外 除外については住宅ローンや自動車ローンなど契約すること自体で1/3を超えているものに対しての規定で、例外については顧客に一方的に有利となる有利借り換え、段階的に債務を減らす借り換え、緊急の医療費などの緊急性の融資、専業主婦の為の配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付、そして個人事業者に対する貸付など、ほとんどは通常に借り入れを行う際、利用できないものばかりです(段階的に債務を減らす借り換え。これは借り換えが条件になってきます)

関連した記事

About the Author: karireruyo

1 Comment

  1. Pingback: 失業して無職でも借りれるところ – ブラックでも借りれるところ!

Leave A Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です