債務整理していても借りれるところ

借金がどうしても返済できなくて、最終手段である債務整理をした方のために、債務整理をしていても借りれる消費者金融をご紹介します。債務整理は大きく分けると任意整理・個人再生・自己破産の3つです。それぞれ分けてご紹介します。これから債務整理をされる方も参考にして下さい。

債務整理していても借りれるところ

債務整理には、程度や内容に応じていくつかの種類があり、程度が軽いほうから順に任意整理・個人再生・自己破産となっています。実はこの他にも、もう1つ特定調停があるのですが、任意整理として本サイトでは扱わせて頂きます。

関連記事:【債務整理して支払中でも借りれる理由

・任意整理

まずは任意整理です。既に任意整理を済ませた方は、下にある『任意整理していても借りれるところ』へ進んで下さい。債務者と債権者の話し合いによって、今後発生する利子をカットして現在ある債務を3年~5年かけて返済する返済計画を立てることによって、債務の返済を行っていく方法です。金利設定によっては返済総額をかなり減らすことが可能な方法です。他の債務整理とは異なり、裁判所を介する必要がない手続きなので、周囲にバレる心配も比較的少ないと言えます。その反面、あくまで債務者と債権者が話し合いによって行う手続きなので、債権者に応じてもらえない可能性があるというデメリットもあります。

任意整理していても借りれるところ

任意整理していても借りれるところは、消費者金融の中でも中堅の貸金業者ですが、正規貸金登録された会社ですので安心して下さい。

任意整理していても借りれる消費者金融を一覧にしたページ

・個人再生

続いては個人再生です。既に個人再生手続きをを済ませた方は、下にある『個人再生していても借りれるところ』へ進んで下さい。裁判所に申し立てを行うことで、現在の借金総額を5分の1(もしくは100万円)まで減額してもらうことが可能です。任意整理とは異なり、借金の元本を減らしてもらうことが可能であり、その上で残った借金を原則3年間で返済していけばいいので、額面通りの借金の金額では返済の見込みがなかった人でも、完済できる可能性が出てきます。ただし、裁判所を介する必要があり手続きもかなり複雑なので、弁護士や司法書士の方に手助けしてもらう必要があります。また、裁判所が個人再生の手続きを認めなかった場合には、後述する自己破産の手続きへと移行されてしまう可能性があることには気を付けておかなければなりません。

個人再生していても借りれるところ

任意整理していても借りれるところは、消費者金融の中でも中堅の貸金業者ですが、正規貸金登録された会社ですので安心して下さい。

個人再生していても借りれる消費者金融を一覧にしたページ

・自己破産

最後は自己破産です。既に個人再生手続きをを済ませた方は、下にある『自己破産していても借りれるところ』へ進んで下さい。自己破産は債務整理の中でメリットもデメリットも最も大きくなっている、いわば「最終手段」です。自己破産を行えば、一切の債務を放棄できる代わりに、生活するのに必要最小限の財産以外は全て没収されてしまいます。手元に残せる現金は原則99万円までで、住宅や自動車・預貯金といった財産は全て債務の返済に充てられることになります。選択肢としてあるにはあるのですが、できれば自己破産を選択するような状態になる前に、任意整理や個人再生といった手続きを行っておきたいところです。

自己破産していても借りれるところ

自己破産していても借りれるところは、消費者金融の中でも中堅の貸金業者ですが、正規貸金登録された会社ですので安心して下さい。自己破産の場合、申し立てからではなく、免責が確定して何年経っているかが審査基準の大きな鍵となっていますので、ご注意下さい。

自己破産から5年以内でも借りれる消費者金融を一覧にしたページ

自己破産から1年以内でも借りれる消費者金融を一覧にしたページ

自己破産免責が確定していない方

最後に

債務整理の3つの方法と借りれる消費者金融に関しての説明でした。借金の返済が苦しい時に、債務整理という方法に頼るのは恥ずかしいことでもなんでもありません。闇金に手を出すといった最悪の選択肢を選ぶ前に、ぜひ債務整理の利用を検討してみてください。

関連した記事

About the Author: karireruyo

1 Comment

  1. Pingback: 自己破産していてもアパートやマンションは借りれる – ブラックでも借りれるところ!

Leave A Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です