格安SIMフリーのメリット・デメリット|SIM選びを間違えないために

格安SIMフリーのメリット・デメリット|SIM選びを間違えないために

格安SIMはスマホ利用代金を安く抑えるために注目されて、格安SIMフリーは近年、急激に普及されていますが、メリットやデメリットを、よく考慮することが、乗り換え後に後悔しないことになります。

格安SIMにすることで、毎月のスマートフォン料金を安くすることが可能になりますが、「限りなく支出を抑えられる格安SIMを利用したい!」と思っていても、格安SIMってどうなの?という疑問もあります。

格安SIMは、こんな方にオススメです
  • 月々の携帯電話代を節約したい!
  • サブ用のタブレットやスマホを、外出時にネットに接続したい!
  • ガラケーとスマホをダブルで使用したい!
  • スマホを買い替えたので、古いスマホを再利用したい!
目次

今さら聞けない格安SIMのこと

格安SIMとは

docomo、au、softbankと言った大手キャリアにおいては、端末と通信をセットで買わそうとしますので、ほとんどの人はその状態で携帯電話の料金を毎月1万円以上支払っているようです。

たくさんの企業が覇権を争っているだけではなく、更に留まることなくその数を増しているのが格安SIMサービスです。

SIMカードとは?

大手の回線を借りてサービス拡大を図ろうとする格安SIMサービスは、大手キャリアの通信料の半分以下であることに注目が集まっています。

電話番号等の情報が入ったチップがSIMカードです。

SIMカードとは、スマホを代表とする端末に付帯している小さな形状のICカードの類です。

契約者の携帯の番号などを登録するために要されますが、見ることはほぼないと言えるでしょう。

「携帯電話機」からSIMカードを取り出せば、何の役目もしない端末機材でしかありませんので、これに電話番号が留められた「SIMカード」という名称のICチップを挿し込まなければ、電話機としての役目をすることが不可能だということなのです。

SIMカードは、ある意味ETCカードのような役目を担うものだと言っていいでしょう。

有料道路等を走行しても、現金を払う必要がないETCカードと、通話してもその都度料金を支払う必要のないSIMカードが挿入された電話機と同じような物です。

格安SIM会社は、ドコモを筆頭にした大手3キャリアより明らかに料金の安いSIMカードを提供していることもあって、SIMフリー端末が人気です。

MVNOとは?

MVNOとは、ドコモ・au・ソフトバンクの大手通信会社以外の携帯電話キャリアのことを指します。
MVNOが特徴ある格安SIMを売り出して、携帯電話サービスを売り出しているわけです。

人気を博している格安スマホを利用することで、スマホ代金を入れても、毎月の支払いがたった3,000円以下にすることもできます。

多種多様な会社が参入したことが原因で、月額500円程度のサービスが提供されるほど格安SIMの低価格化が広まりつつあります。

SIMフリー端末があれば、この低価格なプランを制限されることなく利用できるのです。

格安スマホの一カ月の携帯料金が大手3社と対比してみて文句無しに安いのは、従来のスマホの無料通話みたいな不必要なサービスをカットし、最低限度の機能に絞っているからだと考えられます。

MNPとは?

MNPとは、番号を変えることなく、携帯電話会社で新規に契約することを言いいます。

つまりMNPを利用すれば、番変しなくても携帯ブラックでも新規契約ができるということになります。

分かりやすく言うと、電話番号は今のままで、docomoからsoftbankに乗り換えることができるようになったということです。

当サイトにおいて、携帯ブラックやCICブラックでも、デビットカードで分割払いができる格安SIM会社や口座振替で契約できる格安SIM会社を紹介しています。

SIMフリースマホをどれにするか決めきれない場合は、端末の値段別にチョイスしてみてはいかがですか?

キャリアを選ぶ必要のないSIMフリー端末の良い所とは、格安SIMカードを効率的に使えば、携帯電話料金を半分以下に落とすことが可能だということです。

もちろん携帯会社同士は、販売シェアで競合していますので、それを伸ばすことを目的に、他社からMNPの規定に添って乗り換え契約を実施してくる人をキャッシュバック等で優遇することもあります。

格安SIMフリーとは?

スマートフォンなどに利用されている小型のICカードをSIMカードといい、SIMカードには、個別のIDなどが記録されています。

SIMカードには数種類があり、利用する端末によりSIMカードに違いがあり、SIMカードがなければ通信ができません。

案内人

SIMカードには、SIMにロックが掛かっているものとSIMフリーがあります。

SIMロックと呼ばれるものには、大手携帯電話会社などがロックをかけているため、他社のスマートフォン端末などでは利用することができませんが、SIMのロック解除は携帯電話会社で対応してもらいます。

SIMロック解除が義務化されて以降、格安のSIM業者(MVNO)に乗り換えすることが可能になりました。

そのため、大手よりも低料金でSIMフリー端末を利用することができます。

docomo(ドコモ)、au、SoftBankなどで契約した携帯電話やスマートフォンには、SIMロックがされている状態です。ロックを解除してもらうことで、SIMフリーの端末になります。

また、大手キャリアと同系統のMVNOを利用すれば、SIMロックを解除しなくても利用できます

簡単に言えば、docomoで契約したスマホをdocomo系のMVNOで利用することができますが、au系MVNOではSIMをフリーにすることが必要になります。

格安SIMフリーのメリットやポイント

格安SIMフリーのメリットは、月額料金を安くすることができることです。

ドコモ・au・ソフトバンクの大手キャリアより、格安料金でスマートフォンが利用できることで注目されています。格安SIM(MVNO)とも自由に契約ができます。

自分に適した料金プランやデータ通信量で契約することで、通信料金は大手キャリアよりも大幅に節約することが可能です。キャンペーンなどもあり、特典も受けられることがあります。

端末とセットで購入することで、割引なども受けられることもありオトクになります。MVNOは数十社以上あり、料金プランを比較して検討することができます。

ただし、携帯ブラックになっていると、自分が契約したくても契約できない場合がありますので、注意が必要です。

自分のニーズに合わせた、料金プランを選択することができます。

格安SIMフリーのデメリットや注意点

格安SIMを利用するにあたり、事前に注意点やデメリットも考えておくことが必要です。

携帯電話やスマートフォンなどで利用していた、大手キャリアのメールアドレスが利用できなくなります。

ただし、Y!mobileUQモバイルなどは、大手キャリアに近い独自のメールアドレスを利用ができます。

案内人

格安SIMフリーのショップや店舗が少なくLINEでID検索ができないなどがあります。

また、大手携帯電話会社の回線をりようしているため、時間帯により通信速度が遅くなることや、通信制限が大手よりも厳しくなることがあります。

ただし、環境により変化するので全てが同じではありません。

デメリットもありますが、格安SIM(MVNO)業者も工夫しており少しづつ改善されているところもあります。

使い方次第で格安SIMを利用することで、毎月数千円以上が安くなり、利用されるMVNOによっては、スマホ代金が毎月2,000円台に抑えることも可能です。

格安SIMを利用するにあたり心配するひとつが、最低利用期間や解約手数料などがあります。

ドコモ、au、ソフトバンクなどの大手携帯電話会社などは、2年縛りという契約開始月を起点として、2年間の間に解約をすると解約金が発生する場合があります。

2年間契約することを約束することで、端末や月額料金などを割り引いてくれることになります。

格安SIMスマホの最低利用期間と解約金

格安SIMのMVNOなどは、最低利用期間といわれものがあり、自動更新になっていることが多く、ユーザーにとっては不利になっていることなどもあり、契約更新月が設けられました。

2年に一度、契約解除しても解約金などの手数料が不要になります。

案内人

MVNOに違いがありますが、データSIMには最低利用期間は設けられていなことが一般的です。

音声SIMには最低利用期間が設定されていることが多いです。

音声SIMはネットや電話などに対応したSIMカードです。

最低利用期間の期間や定義は、格安SIMを提供している企業により違いがあります。

音声SIMや通話SIMの最低利用期間は6ヵ月から1年になっています。データ通信+音声SIMの場合でも、最低利用期間や解約金手数料が不要なMVNOもあります。

格安SIMも解約金や縛りがなくなる

2019年10月1日以降に利用開始日を迎えたお客様は、解約手数料が1,000円に制限されることになりました。

ただし、2019年10月1日以降の新規契約者から、最低利用期間なしや違約金が1000円にならないこともあるので注意しましょう。

大手MVNOをはじめ、3大キャリアと同じ規制になりました。

音声通話付きの契約などの違約金も、撤廃しているMVNOもあり、新規や乗り換えもしやすくなり、利用者が増えることが期待されています。

案内人

契約期間の縛りなし・解除料なしで更にオトクです。

格安SIMの最低利用期間や解約金がないMVNO

データ通信+音声SIMでも最低利用期間がない格安SIMになっています。

mineoやイオンモバイルは解約金手数料なども必要ありません。

格安SIM解約金や契約解除手数料

格安SIMのMVNOでも、最低利用期間内に解約すると解約手数料や契約解除手数料が必要です。

解約金の金額は格安SIMにより違いがありますが、5,000円~10,000円程度に設定されています。最低利用期間や解約金などを把握しておくことも必要です。

2019年10月1日以降の新規契約者から、最低利用期間なしや違約金が1,000円に制限されることになりました。

格安SIM MNP転出手数料

MNP転出する場合には、MNP転出手数料が必要になります。

MNP転出手数料はMVNOにより違いがあります。最低利用期間内にMNP転出される場合は、利用期間が短いほど高額に設定されている場合が多いので注意が必要です。

また、自動更新なのかも確認しておく必要があります。

最低利用期間内に他社へMNP転出する場合には、契約解除手数料や解約金とMNP転出手数料が必要になります。

MNP転出の場合は最低利用期間を経過してからがよいでしょう。

この記事を書いた人

元金貸のアバター 元金貸 貸金業務取扱主任者

キャッシング・消費者金融などの借金問題、資金調達などの専門家。貸金業務取扱主任者資格を持ち、金融業界の裏側まで知る元貸金業者。

目次