楽天モバイルUN-LIMIT Ⅶなら新規契約審査が甘くてメリットが一番

毎月の料金を抑えたいなら審査が甘い楽天モバイルUN-LIMIT VIが一番

楽天モバイルから新登場した、月額1,078円~最大3,278円/月(税込)の「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」は、審査が甘く携帯ブラックでも契約できることで人気があり、一番おすすめの携帯電話プランです。

楽天モバイルはDMM mobileを買収し、DMMモバイルユーザーは既に楽天モバイルからの引落しとなって、DMMポイントは楽天ポイントに移行されていますので、DMMモバイルユーザーはマイページにて、ポイント移行の手続きが必要です。

Rakuten UN-LIMIT Ⅶの申込から契約の流れ、新料金プラン、審査時間、速度制限、国内通話かけ放題、エリア回線、キャンペーン、解約金手数料、メリットやデメリット、口コミ評判などを紹介します。

<<楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」基本情報>>

料金プラン
1,078円~最大3,278円/月(税込)
データ容量
~3GB、3GB超過後~20GB、20GB~無制限
初期費用
契約事務手数料他全て無料
音声通話料金
国内通話料:22円/30秒
※Rakuten Linkアプリで国内通話かけ放題
お支払方法
クレジットカード・デビットカード・口座振替
契約解除手数料
契約解除料は不要
最低利用期間
最低利用期間はなし
メールサービス
なし
オプション
端末補償、安心リモートサポート、つながる端末保証など
注目ポイント
データ使い放題、国内通話かけ放題、グローバル無料など
目次

楽天モバイル「Rakuten Unlimit Ⅶ」

楽天モバイルRakuten Unlimit Ⅶ

楽天モバイルは、幅広い世代の方が利用されており、格安スマホ端末と同時購入が出来るだけでなく、最新スマートフォンやiPhoneなどで格安SIMが利用できるので人気があります。

1,078円~最大月額3,278円(税込)の料金プランで楽天回線エリアでは、高速で完全データ使い放題になっているので魅力です。5G対応でパワーアップされることになっています。

データ無制限と低料金プランが最大のおすすめポイントで、主回線としても十分に使うことも可能ですが、サブ回線にも最適になっているので注目されています。

ご利用の流れ

楽天モバイルは、キャンペーンやお申し込み特典などが用意されており、楽天スパーポイントも貯まるのでお得にスマホが利用できます。

パートナー回線エリアのデータ容量を2GB/月から5GB/月にアップされました。データ容量超過後は、通信速度を最大128kbpsから1Mbpsにアップグレードし、無制限で利用できます。

Rakuten UN-LIMIT Ⅶ 料金プラン

月額料金はデータ容量により毎月1,078円~3,278円(税込)なっています。楽天回線エリアは制限で、完全使い放題になっています。

他の携帯キャリ会社と比較しても、シンプルで分かりやすくなっていることがポイントです。

~3GB1回線目:1,078円
2~5回線目:1,078円
3GB超過後~20GB1回線目:2,178円
2~5回線目:2,178円
20GB~無制限1回線目:3,278円
2~5回線目:3,278円
※楽天回線エリア外は最大1Mbpsで使い放題

使用した感想

毎月の料金
安い
高い
データ回線
安定
不安定

若干回線が不安定な時が多いように感じますが、料金は安いです。

楽天モバイルのメリット

楽天モバイルのメリットは、他社から乗り換えをした場合でも、番号はそのまま利用が可能になっていて、クレジットカードを持っていなくても契約できるのでおすすめです。

パソコンやスマートフォンからWEBで簡単にお申込みが可能です。

楽天スーパーポイントが貯まるだけでなく、毎月の楽天グループ内の支払に利用できます。

楽天モバイルは、スパーホーダイ選べる4つの料金プラン、組み合わせプランなど低価格の月額料金でお得に利用できます。自分に合ったプランが選べます。

格安SIMではシェア率もトップクラスを誇り、スマートフォンの取り扱い機種も豊富に揃えており、楽天スーパーポイントの付与など特典満載で、月額料金を大幅に安くすることができます。

Rakuten Linkを利用すると、スマホも固定電話へもかけ放題になっています。

スーパーコミュニケーションアプリ(RCS)や「Rakuten Link」で通話・メッセージ・SMSがひとつになり利便性は抜群です。海外66の国と地域で使うことができます。

もちろん、WiFiに接続して通話をすることも可能なので、データ容量を抑えることができます。

Rakuten Link同士の通話なら、世界中どこから通話・メッセージをしても無料でご利用できます。

無料通話だけでなく、無料SMS、グループチャットなど幅広く使うことができることが魅力になっています。音質はIP電話よりも良いといるので悪いとはいえません。注目されているアプリなので利用してみましょう。

Rakuten UN-LIMIT 最低利用期間や契約解除料なし

乗り換え(MNP)でのキャッシュバックが無い代わり、24ヶ月縛りもなく、契約解除はいつでもできるのが有難いです。

手数料0円

契約事務手数料、SIM交換手数料、MNP転出手数料なども一切不要になっています。

対応端末

申し込みには本人確認書類が必要

楽天モバイルお申し込みには、本人確認書類などの提出が必要になります。アップロード提出することになるので、事前にスマホなどで撮影しておくとよいでしょう。

楽天モバイルは、毎月の支払い方法はクレジットカード払いと口座振替、デビットカードが可能です。

楽天モバイル 審査内容は

携帯キャリアと同様に格安スマホの場合でも、新規契約申し込み時に審査があります。審査内容は開示されていませんが、携帯電話料金の滞納や未払いなどが審査されます。

スマホ端末などの分割購入の場合は、個人信用情報などを照会します。

新規契約時の審査が通らなければ、契約することができないので注意しましょう。

おすすめ記事>>携帯ブラックでもクレカ無しでスマホ分割契約できるJ:COMモバイル

審査に落ちる原因を考えること

新規契約時の審査に通らない場合の原因は、過去に携帯電話料金の未払いやクレジットでの延滞などが原因になっていることが殆どですが、キャンペーンなどを利用して新規契約後に短期間で解約した場合です。

キャンペーンなどを利用して、スマートフォンを格安購入したにも関わらず、短期間で解約を繰り返すと携帯会社によっては携帯ブラックの扱いになります。こちらも、意外と増えているので注意しましょう。

この場合は、キャリア携帯会社とグループや系列会社の格安スマホは厳しくなります。

関連記事>>スマートフォン分割のショッピングローン審査で個人信用情報が重要になる

審査に通らない場合の対処方法

他社で未払いや不払いなどがあれば、完済をすることが必要になります。

クレジットやローンなどの信用情報で事故歴があれば、端末代金を一括購入にすることで信用情報の照会はおこなわれなくなります。

ただし、携帯電話料金の未払いチェックは必ず実施されます。

携帯会社の社内ブラックは、他社を利用することで新規契約は十分可能になります。

この記事を書いた人

元金貸のアバター 元金貸 貸金業務取扱主任者

キャッシング・消費者金融などの借金問題、資金調達などの専門家。貸金業務取扱主任者資格を持ち、金融業界の裏側まで知る元貸金業者。

目次