SMBCモビットクレジットカードTカードプラスの審査時間審査結果連絡

SMBCモビットクレジットカードTカードプラスの審査

SMBCモビットが提供するクレジットカードとして登場したのが、TカードプラスSMBCモビット nextです。

審査時間は最短即日の審査回答が可能で、審査結果連絡はメールなどで通知されます。

TカードプラスSMBCモビット nextは、三井住友カードがクレジットカード審査とカード発行をおこなっていて、入会審査申し込みからカード受け取りまで1週間程度が必要になります。

目次

Tカードプラス(SMBCモビット next)

Tカードプラス

カードローン機能とクレジット機能だけなく、Tカード機能が1つになった多機能型カードになっています。SMBCモビットカード会員になってから、Tカードプラスの入会申し込みになります。

クレジットカードの利用限度額は最高80万円と大きくありませんが、カードローン枠と合わせた場合は最大800万円まで利用することができます。

SMBCモビットは消費者金融ですが抜群の知名度があります。

インターネットからお申し込みだけでなく、審査結果連絡やご契約まで全ての手続きを完結させることが可能です。入会金や年会費などは無料です。入会金や年会費なども必要ありません。

ショッピングとキャッシングに利用ができる安心のカードになっています。

コンビニをはじめお近くのスーパーなどで、MasterCardマークが表示されている加盟店でご利用することができます。消費者金融のクレカですが、利便性もよく使い勝手もよいと評判です。

ご利用金額200円/(消費税込)でTポイントが1ポイント貯まることになります。加盟店でカードを提示することで、ポイントが付与されるのでオトクに貯めることができます。

Tカードプラス(SMBCモビット next)入会申込からカード発行までの流れ

モビットカード会員の方でないとTカードプラス(SMBCモビット next)の入会ができません。クレジット機能付きになるので、三井住友カードの審査も受けることになります。

SMBCモビットと三井住友カードの2回審査になるため、カード受け取りまで1週間程度が必要になります。SMBCモビットをご利用の方は、三井住友カードの審査のみになります。

Tカードプラスは自動契約機などでの受け取りはできません。審査に承認された後に、三井住友カードから郵送で届くことになります。詳細は三井住友カード公式サイトでも確認ができます。

モビット会員の申し込み

会員専用サービスのMyモビから、Tカードプラスの申し込みページから手続きをおこないます。三井住友カードの公式サイトに遷移され、カード入会の申し込みの流れになります。

お申し込みフォームに必要項目を入力して送信をします。

オンラインでお支払い口座の設定を済ませると手続きがスムーズになります。オンラインで口座設定を完了されない場合は、郵送でのやり取りが必要になります。カード受け取りまでが遅くなります。

申し込み後に、自宅/携帯電話/お勤め先へ電話連絡があることがあります。

審査結果連絡は審査終了のお知らせでメールが届くことになります。審査結果照会画面でも、審査結果の確認だけでなく審査状況などの確認をすることも可能になっています。

モビット会員でないかたの申し込み

モビット会員でないかたの申し込み

Tカードプラス(SMBCモビット next)申込をクリックして手続きを進めます。

モビットカードの審査申し込みに必要な情報など入力します。審査結果連絡はメールなどで通知されます。審査に承認されると入会手続きの流れになります。収入証明書類や本人確認資料などが必要になります。

入会手続き完了の案内メールが送られてきたら、ご契約手続きが完了します。

その後、Tカードプラスに切り替える手続きになります。会員専用サービスのMyモビからTカードプラスの手続きになります。カードデザインを選択して、申し込み画面より手続きになります。

三井住友カードの公式サイトに遷移され、カード入会の申し込みの流れになります。

お申し込みフォームに必要項目を入力して送信をします。

オンラインでお支払い口座の設定を済ませると手続きがスムーズになります。オンラインで口座設定を完了されない場合は、郵送でのやり取りが必要になります。カード受け取りまでが遅くなります。

Tカードプラス申し込み後に、携帯電話などへ本人確認などのため電話連絡があります。

審査時間は最短即日審査回答が可能ですが、通常は審査に2~3日程度必要になります。

審査結果連絡は審査終了のお知らせでメールが届くことになります。審査結果照会画面でも、審査結果の確認だけでなく審査状況などの確認をすることも可能になっています。

審査に承認されるとTカードプラスは、三井住友カードより送られてきます。

土日の審査結果連絡はない

三井住友カードは土日の審査には対応していません。平日の営業日だけになっています。

土日祝日などの休日だけでなく、年末年始なども審査結果の連絡は平日の営業日になります。

審査状況照会も可能になっている

Tカードプラス(SMBCモビット next)申し込み後、審査結果照会画面で確認ができます。

生年月日/申込番号/電話番号を入力すれば審査状況の照会ができます。

申し込みの完了メールに記載されている、15桁の申込番号が必要になるので確認をしましょう。メールは必ず保管しましょう。

Tカードプラス(SMBCモビット next)審査は三井住友カードが実施する

Tカードプラス(SMBCモビット next)は消費者金融が審査はしません。クレジットカードになるので、三井住友カードが審査だけでなくカード発行もすることになります。そのため、即日カード受取はできません。

SMBCモビットはカードローンの審査を担当しています。2回審査を受けることになります。

  • モビットカードは消費者金融の審査基準になります。
  • Tカードプラスはクレジットカード会社の審査基準になります。

関連記事>>SMBCモビットは最短30分で審査回答、WEB完結申込は電話連絡郵送物なし

Tカードプラス(SMBCモビット next)メリット

カードローン/クレジットカード/Tポイントカードが1つになった多機能型のカードです。キャッシングはもちろんですが、加盟店や提携先でのショッピング、Tポイントがオトクに貯まるカードになっています。

キャッシングが利用できるので急な出費などにも対応できます。

カード払いはご利用金額合計200円(税込)でTポイント1ポイントが付与されます。お近くのコンビニ/スーパーなどをはじめ、インターネットショッピングにも使うことができます。

Mastercardのマークがある国内外の加盟店で利用ができるので安心です。また、Tポイント提携先でカード提示をすれば、ポイントを貯めることもできます。もちろん、ポイントを使うこともできます。

電子マネーのTマネーは加盟店で使うことができるので、Tカードプラス(SMBCモビット next)にチャージして利用できます。買い物の際などに利用することができるので利便性はよいです。

Tカードプラス(SMBCモビット next)デメリット

カードローンとクレジットは支払期日が異なることになります。そのため、お支払いの管理が増えることになるので注意が必要になります。消費者金融とクレジットカード会社の月/2回になります。

先に説明しましたが審査を2回受けることになるのが最大のデメリットになります。SMBCモビットの審査に承認された後に、三井住友カードの審査に否決されることもあります。

クレジットの利用分はリボ払いに設定されているので、カード到着後に支払い方法の変更が必要になります。変更しない場合には、自動リボ払いになってしまいます。必ず確認をすることが大切です。

電子マネーは3種類しか使うことができません。Tマネー/iD/Apple Payになっています。特にTマネーはクレジットでのチャージができなので、事前に現金でチャージしておく必要があります。

  • 審査が消費者金融とクレジットカード会社の2回ある。
  • 支払期日は月2回あることを理解いておきましょう。
  • Tマネーは現金によるチャージしか利用することができない。

Tカードプラス(SMBCモビット next) 返済方法/返済日

カードローンとクレジット機能利用分の支払い方法に違いがあります。

公式サイトなどでも確認ができるので、必ず確認をしておきましょう。

カードローン利用分

口座振替/銀行振込/インターネット返済/提携ATMなどから返済が可能になります。

Tポイントでの返済も可能になっているので、事前に手続きをしておけば便利です。

返済日は5日/15日/25日/末日から都合にあわせて選ぶことができます。

クレジット利用分

返済方法は登録口座より自動引き落としになります。※15日締めの10日払いになっています。

※詳細は公式サイト等で確認をしてください。

Tカードプラス 利用限度額増額/増枠方法

会員専用サイトから申請できます。各種お手続き/利用可能枠のご設定/変更から可能です。

増額審査が完了すると、ご利用可能枠変更申込完了のメールが送られてきます。

会員専用サイトから増額申請をされた場合には、約1週間程度で増額結果が反映されます。

カードローン 利用限度額/増額方法

会員ページMyモビから申請が可能になっています。コールセンターにお電話して申請することも可能です。担当者からお電話が掛かることがあるので、電話に出ることが必要になります。

もちろん、公式スマホアプリからも増額申請ができます。

注意したいのは増額審査申込表示がされないことがあります。表示されていない場合はコールセンターにお電話して相談や確認することがよいでしょう。収入証明書など書類提出が必要になる場合があります。

他社の返済で遅れや延滞があれば、増額審査に否決されることになります。他社借入れが増えていても厳しくなります。前回のご契約や更新から半年以上経過していることが必要になります。

アコムマスターカードと比較すると

Tカードプラス(SMBCモビット next)は、消費者金融とクレジットカード会社の審査があります。先に、カードローンの審査に通過しておくことが条件になるため厳しくなります。

Tカードプラス(SMBCモビット next)のメリットは、Tポイントが貯まることです。

アコムマスターカードはカードローンの審査は必要ありません。クレジットカードの審査に通過すれば発行してもらうことが可能になります。そのため、審査だけを考慮した場合はアコムがよいでしょう。

Tカードプラスとアコムマスターカードの違いは審査する会社にもあります。カード内容やなどコンセプトも異なるためです。消費者金融会社の審査基準とクレジットカード会社の審査基準になります。

※アコムマスターカードの概要は下記の通りになっています。

ご利用限度額10万円~300万円/ショッピング
審査時間最短30分審査回答
カード発行期間最短即日発行が可能になっています。
審査会社アコム1社による独自の審査基準でカード審査を実施しています。

審査に落ちる審査に通らない原因

ご融資したお金が完済まで継続して支払いができるのかを総合的に見極めて、銀行などが融資の可否などを判断することになります。借入額が高額になるほど、審査は慎重におこなわれます。

他のローンなどの借入金額や返済金が多く残っている場合は審査に落ちることがあります。信用情報に延滞や遅れなど、ブラック情報が登録されていると、審査には通りません。

年収と返済額のバランスはもちろんですが、他社の借入金額や信用情報が重要になります。

オンライン申し込み時の入力に不備があったり、本人確認書類などの情報に違いがある場合も厳しくなってしまいます。虚偽の申告などはいけません。短期間に複数社に申し込みをしていると審査が厳しくなります。

勤務先への在籍確認の連絡だけでなく、本人確認の連絡なども大切になります。他社借入状況や借入金額により断れることもあります。トラブルなどがあれば審査に落ちます。

在籍確認の電話連絡が省略されることもある

WEB完結申込を利用した場合には、勤務先への電話連絡がありません。WEB完結申込をされない場合には、在籍確認が実施されると考えていたほうがよいでしょう。

ただし、WEB完結申込でも金融会社などの判断で在籍確認が必要になる場合があります。

Tカードプラス(SMBCモビット next) 審査基準/口コミ評判

カードローン・クレジット機能とも入会金/年会費などは一切不要です。

カードローン/クレジットカード/Tポイントカードが1つになった多機能型のカードです。キャッシングはもちろんですが、加盟店や提携先でのショッピング、Tポイントがオトクに貯まるカードになっています。

SMBCモビットの会員しか利用することができません。そのため、カードローン審査に落ちると入会することができなくなります。他のクレジットカードを検討することが必要になります。

消費者金融系のクレカは、アコムマスターカードの方が審査基準は有利でしょう。

消費者金融とクレジットカード会社の2つに承認されないといけません。そのため、審査基準は厳しいといえるでしょう。審査が甘いなどはありません。申し込みの際には、よく検討しましょう。

SMBCモビット 商品概要

実質年率3.0%~18.0%
ご利用限度額1万円~800万円
審査時間最短30分で審査完了
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
即日融資
ご利用対象者年齢満20歳以上、65歳以下の安定した収入のある方。
アルバイト・パート・自営業の方もご利用可能です。

Tカードプラス 商品概要

ご利用可能枠10万円~80万円
国際ブランドMastercard
年会費永年無料
審査時間最短即日から数日程度
ポイント付与200円=1ポイント
お支払日15日締め10日払い
申込対象者満20歳以上のモビットカード会員の方

この記事を書いた人

元金貸のアバター 元金貸 貸金業務取扱主任者

キャッシング・消費者金融などの借金問題、資金調達などの専門家。貸金業務取扱主任者資格を持ち、金融業界の裏側まで知る元貸金業者。

目次