『irumo』はOCNモバイルONEの後継、『eximo』はギガホプレミアの進化形!

日本の携帯大手3社の1つであるNTTドコモは、2023年7月1日から新プラン「irumo」「eximo」の提供を開始しました。

一方でこれに伴いOCNの格安SIMである「OCNモバイルONE」に加え、従来のプラン「5Gギガホプレミア」「ギガホプレミア」「ギガライト」といったプランは新規受付を停止しています。

従来から存在する「ahamo」に関しては、引き続き申し込みが可能です。

既に従来のサービスを使っている方は、引き続き使うことが可能です。

したがって、引き続き申し込みが可能な「ahamo」と合わせると、ドコモの携帯を使いたい場合、3種類のプランから選択できることになりました。

「irumo」は「OCNモバイルONE」の、「eximo」は「5Gギガホプレミア」「ギガホプレミア」「ギガライト」の後継的な役割とされています。

ここでは、そんな新たに発表された「irumo」「eximo」や、従来通り申し込みが可能な「ahamo」それぞれのプランの概要を見ていきます。

目次

スマホ代をお得に!ドコモの高品質なサポートも手に入るirumoプランが登場!

OCNモバイルONEの後継的なプランで、データ量より価格を重視しスマホをお得に使いつつ、ドコモの高品質なサポートも利用したいといった方向けのプランとされています。

irumoという名前には「あなたにiru(必要とされる)」「あなたのそばにiru(いる)」、これに加えて「i(I:私)」「r(relation:関係)」「u(you:あなた)」といった意味が込められています。

「これが話題のプラン!」注目の特典満載!プランの概要をまとめた比較表

データ通信量500MB3GB6GB9GB
月額料金550円(税込)2,167円(税込)2,827円(税込)3,377円(税込)
光セット割なし-1,100円(税込)-1,100円(税込)-1,100円(税込)
dカード割なし-187円(税込)-187円(税込)-187円(税込)
最大割引価格550円(税込)880円(税込)1,540円(税込)2,090円(税込)
通話料22円/30秒22円/30秒22円/30秒22円/30秒
みんなドコモ割カウント対象外カウント対象
※割引はなし
カウント対象
※割引はなし
カウント対象
※割引はなし
ネットワークドコモの4G/5Gネットワーク
※最大3Mbps・常時4G通信
ドコモの4G/5Gネットワークドコモの4G/5Gネットワークドコモの4G/5Gネットワーク
通信速度(超過時)128kbps300kbps300kbps300kbps

主なオプションサービス

irumoでは、以下のようなオプションサービスを利用できます。

24時間かけ放題

1980円/月で、いつ・どれだけ電話を使っても追加料金がかからない「24時間かけ放題」を利用できます。

5分かけ放題

880円/月で、5分間までの通話であれば追加料金がかからない「5分かけ放題」を利用できます。

ドコモメール

irumoの場合、ドコモのキャリアメールを利用する場合は330円/月の料金が別途必要になります。

なお既にドコモの携帯を契約しており、ドコモメールを使用していてirumoへプラン変更する場合、それと同時にメールオプションを申し込まない場合はこれまで使ったドコモメールの復旧ができなくなりますので注意してください。

なおかけ放題オプションを契約した場合で、留守番電話・キャッチホンも契約している場合は、これらの利用料金が次の様に割引されます。

対象サービス音声オプション定額料割引額(月額)
留守番電話-330円
キャッチホン-220円

従来のサービスとの比較

「irumo」とその前任的な存在である「OCNモバイルONE」や、ドコモの小容量プランである「ギガライト」と基本的な部分を比較すると以下の通りです。

データ通信容量irumoOCNモバイルONE
0.5GB550円550円
1GB該当プランなし770円
※割引適用で550円
3GB2,167円
※割引適用(最大)で880円
990円
※割引適用で770円
6GB2,827円
※割引適用(最大)で1,540円
1,320円
※割引適用で1,100円
9GB3,377円
※割引適用(最大)で2,090円
該当プランなし
10GB該当プランなし1,760円
※割引適用で1,540円

このように比較すると、OCNモバイルONEと比較すると全体的に割高になっており、特にドコモ光割(-1100円)などを適用しない場合、500MBのプランを除いて大幅に割高になっています。

そのためOCNモバイルONEを使っていた方にとっては、不満が残るのも無理はない内容で、無理に乗り換える必要はないと思われます。

ちなみにプランの刷新によって新規受付が停止されたドコモの「ギガライト」は以下の通りなので、こちらと比較するとirumoはかなり割安です。

  • 1GB:3,465円(割引適用前)
  • 3GB:4,565円(割引適用前)
  • 5GB:5,665円(割引適用前)
  • 7GB:6,765円(割引適用前)

そのため、これまでギガライトを使っていた方であれば、料金面ではirumo(またはahamo)に乗り換えた方が良いといえます。

irumoのメリットとデメリットを大公開!これを読めば納得の選択ができる!

irumo(イルモ)は、注目すべきドコモプランの新しい選択肢の一つです。

irumoのメリットとデメリットについて詳しく解説します。

irumoのメリットを徹底解説

irumoのメリット
  • ドコモの従来プランと比較して料金が安い
  • ドコモ光割・dカード支払い割の対象になる
  • ドコモショップのサポートを利用できる(有料)
  • Netflix・ディズニープラスを利用すると10%還元(爆アゲセレクション)

利用料金が安い

データ通信容量は多くないですが、ドコモの従来のプラン(ギガライトなど)と比較すると、安い料金で利用できるのがirumoの魅力といえます。

ドコモ光割・dカード支払割の対象になる

irumoはドコモ光割、dカード割の対象になります。

irumoはドコモ光との併用により、月額の料金が1100円割引されます。更にdカード(ドコモのクレジットカード)を持っている方であれば、携帯料金をdカードで支払えば-187円の割引もあります。

こういった割引も込みで考えれば、他社の格安SIMともそん色ない値段で使用できます。

ドコモショップのサポートを利用できる(ただし有料)

irumoを契約していれば、ドコモショップのサポートを利用できます。

格安SIMの場合だと、スマホで必要になる設定を自分でやらないといけない部分も多いので、スマホの操作が苦手な方にとってはメリットが大きいです。

ただし、以下の様にサポートは基本的に有料になるため、その点は留意が必要です。

項目料金
初期設定サポート(データ移行)2,200円/回
アプリ設定サポ―ト1,650円/回
フィルム貼付サポート1,100円/回
初期設定サポート(OSアカウント設定)
設定サポート(バックアップ)
設定サポート(OSアップデート)
設定サポート(スマホ初期化)
設定サポート(容量オーバー解消)
設定サポート(生体認証設定)
設定サポート(ウェアラブル設定)

Netflix・ディズニープラスを利用すると10%還元(爆アゲセレクション)

irumoを契約している人が、ドコモを経由して「ディズニープラス」「Netflix」を利用していると、10%のdポイントが還元されます。

すでに利用している方であっても、手続き等を行えば特典を適用できます。

サービス名還元率
ディズニープラス10%
Netflix10%

irumoのデメリットを暴露

irumoのデメリット
  • dカード支払いのポイント還元率が下がる
  • 家族間通話が無料にならない
  • 混雑時に通信制限がなされる場合がある
  • 家族割が適用されない

dカード支払いのポイント還元率が下がる

これまでドコモではdカード GOLDでドコモの携帯料金を支払うと、10%のポイントが還元されるといった特典がありました。

「irumo」では、dカードで支払った際のポイント還元率がさほどお得にならないため注意してください。

保有カード進呈条件還元率
dカード GOLD定期クレジット設定あり1%
定期クレジット設定なし0.5%
dカード(レギュラー)定期クレジット設定あり0.5%
定期クレジット設定なし
その他dポイント利用者情報登録あり0.5%
dポイント利用者情報登録なし還元されない

家族間通話が無料にならない

従来のドコモのプランでは、家族間でドコモを利用していれば、通話料は無料になっていましたが、「irumo」では、家族間通話が無料にならない点にも注意する必要があります。

なおもう1つのプランである「eximo」は、家族間通話が無料です。

家族にeximo契約者とirumo契約者が居る場合、eximo契約者側からの電話は家族間通話無料の対象になりますが、irumo契約者側からの電話の場合は家族間通話無料の対象にならないという仕組みになっています。

混雑時に通信制限がなされる場合がある

irumoではドコモのネットワークを使用できるため、安定した通信速度が期待できますが、「ネットワーク混雑時・大量通信時などに他の料金プランよりも先に通信速度の制限を実施する場合があります」とされています。

irumoはそのため、通信速度は他のeximoなどのプランと比較すると、やや安定しない可能性があります。

通信速度などデータ通信の使い心地に関しては、基本的に「MVNO以上MNO以下」と考えておくと良いと思われます。

家族割の割引がない

ドコモには家族割「みんなドコモ割」がありますが、家族でドコモを使用したとしても、irumo自体の月額料金の割引はありません。

ただし、irumoの契約者は家族割のカウントの対象になるので、eximoなど家族割によって割引がされるプランで契約している家族がいる場合、irumoを契約している家族は回線数のカウントの対象になるため、eximoの契約者は家族割が適用されます。

ドコモが一つに統一!使った分だけお得になるeximoプランが登場!

eximoは利用したデータ通信容量に応じて利用料金が変化する、楽天モバイルなどに似た料金体系のプランです。

ドコモはこれまで「ギガホ」「ギガライト」などのプランに分かれていましたが、これを1つに統一したようなプランになっています。

1GBまで・1~3GB・それ以上の3段階で、月にどの程度通信容量を使ったかに応じて料金が変化します。

利用できるデータ通信容量は無制限であり、どれだけ使っても通信制限を受けることは基本的にありません。

eximoという名前は「お客さまの期待をexceed(超える)」「上質なcustomer experience(顧客体験)」というところからきています。

eximoのプラン概要が一目で分かる!見逃せない情報を公開!

データ通信量~1GB1~3GB無制限
月額料金4,565円(税込)5,665円(税込)7,315円(税込)
dカード割-1,100円(税込)-1,100円(税込)-1,100円(税込)
セット割-187円(税込)-187円(税込)-187円(税込)
みんなドコモ割2回線:-550円
3回線以上:-1100円
2回線:-550円
3回線以上:-1100円
2回線:-550円
3回線以上:-1100円
最大割引価格2,178円(税込)3,278円(税込)4,928円(税込)
通話料22円/30秒
家族間は無料
22円/30秒
家族間は無料
22円/30秒
家族間は無料
ネットワークドコモの4G/5Gネットワークドコモの4G/5Gネットワークドコモの4G/5Gネットワーク

~1GB・1~3GBに関しては明らかに他の同容量のプランと比較すると割高です。そのため、基本的に3GB以下しか使わない方は、ドコモなら「irumo」、または他社と契約するのが良いと思われます。

一方で3GB以上なら7728円、割引を適用しても5000円~7000円程度はかかりますが、幾ら使っても料金は変化しないので、通信容量を気にせず沢山使いたい方向けのプランといえます。

主なオプションサービス

24時間かけ放題

1980円/月で、24時間電話を使っても通話料金がかからない「24時間かけ放題」を利用できます。

5分かけ放題

880円/月で、5分間以内の通話であれば通話料金がかからない「5分かけ放題」を利用できます。

なおドコモメールに関しては、eximoであればオプション料金を払わず無料で使うことができます。irumoの場合の様な追加料金は必要ありません。

また、いずれかのかけ放題を使っている場合で音声オプションも契約している場合は、留守番電話サービス、キャッチホンサービスの料金が割引になります。

対象サービス音声オプション定額料割引額(月額)
留守番電話-330円
キャッチホン-220円

従来プランとの比較

ギガホプレミア・ギガライトと比較すると以下の通りです(いずれも割引適用前の価格)。

通信量eximoギガホプレミア5Gギガホ プレミアギガライト
~1GB4,565円該当プランなし
(5,555円)
該当プランなし
(5,655円)
3,465円
1~3GB5,665円5,555円5,655円4,565円
3~5GB該当プランなし
(7,315円)
該当プランなし
(7,215円)
該当プランなし
(7,315円)
5,665円
5~7GB該当プランなし
(7,315円)
該当プランなし
(7,215円)
該当プランなし
(7,315円)
6,765円
7~60GB該当プランなし
(7,315円)
7,215円7,315円該当プランなし
(通信制限)
無制限7,315円該当プランなし
(通信制限)
該当プランなし
(通信制限)
該当プランなし
(通信制限)

基本的には、「5Gギガホプレミア」と利用料金や利用できるサービスなどはほぼ同じです。しいて言えば、60GBという制限が撤廃された点や、月に利用したデータ容量が1GBより少ない場合、eximoの方が安くなるという点などがあります。

ギガライトを使っていてデータ容量の不足に特段困っていなければ、「eximo」はやや割高なので、乗り換えるとすれば「irumo」の方が良いと思われます。

ドコモ新プランeximoの魅力とは?メリットデメリットまとめ

ドコモが提供する新プランeximoの魅力とは何でしょうか?

ここでは、そのメリットとデメリットをまとめて紹介します。

eximoのメリットがすごい理由とは?

eximoのメリット
  • 通信制限を受けない
  • 家族間通話が無料になる
  • ドコモショップのサポートを利用できる
  • 各種割引やdカードGOLD特典を適用できる
  • 爆アゲセレクションで一部サービスの利用料の20%還元

通信制限を受けない

eximoでは基本的に幾ら使っても通信制限を受けないため、容量を気にせず使用できます。

通信制限を受けるとネット速度が大幅に低下するため何かとストレスですが、eximoは無制限プランであるため、こうした制約がないのは嬉しいですね。

特に3GB以上であれば幾ら使っても料金は変化しないので、容量を気にせず沢山使いたい方には便利なプランと言えるでしょう。

家族間通話が無料になる

exmoでは、irumoと違い家族間通話が無料になります。家族にeximo契約者が複数いる場合、その家族の間では、どれだけ通話しても料金はかかりません。

なお、irumoの項でも述べたように、家族内にirumo契約者とeximo契約者が居る場合は、eximo契約者からの通話のみ通話料が発生しなくなります。

ドコモショップのサポートを利用できる

困りごと等があった際に、ドコモショップのサポートを利用できます。

irumoの場合はサポートが基本的に有料なのですが、eximoだと以下の様に多くの設定を無料で行ってくれます(一部料金が必要なサポートもあります)。

サポート項目料金
初期設定サポート(データ移行)2,200円/回
アプリ設定サポ―ト1,650円/回
フィルム貼付サポート1,100円/回
初期設定サポート(OSアカウント設定)無料
設定サポート(バックアップ)
設定サポート(OSアップデート)
設定サポート(スマホ初期化)
設定サポート(容量オーバー解消)
設定サポート(生体認証設定)
設定サポート(ウェアラブル設定)

各種割引やdカードGOLD特典を適用できる

以下の様に他のドコモのサービスと合わせて利用したり、家族間でドコモを利用したりすることで、利用料金が割引になります。

  • ドコモ光割・・ドコモ光を利用する事で-1100円
  • dカード支払割・・料金をdカードで支払えば-187円
  • みんなでドコモ割・・家族でドコモを利用すれば-550円(2回線)または-1100円(3回線以上)

また、dポイントの還元率は以下の通りとなり、特にdカード GOLDを持っていればポイント還元の恩恵を多く受けられます。

保有カード進呈条件還元率
dカード GOLD定期クレジット設定あり10%
定期クレジット設定なし1%
dカード(レギュラー)定期クレジット設定あり1%
定期クレジット設定なし
その他dポイント利用者情報登録あり1%
dポイント利用者情報登録なしなし

爆アゲセレクションで一部サービスの利用料の20%還元

eximoを契約している方が以下のサブスクサービスを利用すると、利用料金の20%のdポイントが還元されます。

特典を適用するにはドコモ経由での申し込みが必要で、すでに利用している場合はサービスごとにそれに応じた手続きが必要になります。

  • ディズニープラス
  • Netflix(ベーシックプランは10%還元)
  • Lemino(DAZN for docomoを除く他サービスと同時に申し込んだ場合に限る)
  • Spotify Premium(25%還元)
  • Youtube Premium
  • DAZN for docomo(2023/02/14以降に入会した方が対象)

知っておきたい!eximoのデメリット

eximoのデメリット
  • 月額料金が高い
  • 家族との通話以外は通話料金が追加で必要になる

月額料金が高い

eximoは3GBより多く使うと仮定すると、基本料金7,728円と比較的高額になり、ドコモ光と併用して割引を適用するなどしないと、割高になります。

データ通信量をある程度たくさん使う方で、ドコモ光を併用するつもりの方には良いプランと思われますが、普段はそんなにたくさん使わない方、またはドコモ光を使わない方だと割高になりやすいので注意が必要です。

またeximoの~1GB・1~3GBに関しては、eximoにおいて3GBより多く使った場合の料金と比較すると安いですが、他の同程度の容量のプランと比較すると明らかに割高です。

そのため、基本的にこのぐらいの容量しか使わないといった方は、ドコモなら「irumo」、または他社と契約するのが良いと思われます。

家族との通話以外は通話料金が追加で必要になる

eximoのプランには通話料金が含まれていないため、同じドコモを契約している家族以外との通話においては、追加で通話料金が必要になります。

電話を使用する機会が多い方は、こちらも料金が必要になりますがかけ放題のオプションを利用すると良いです。

まとめ

プラン名が内容を反映していないこともあり、分かりにくいと言われるドコモの新プランirumo・eximoですが、簡単に言うと「低容量の代わりに価格を抑えたプラン」がirumo、「データ制限を実質無制限で使える代わりに価格がやや高めのプラン」がeximoです。

これからドコモを使いたい方の場合

これからドコモの携帯を使いたい場合は、これら新たに登場したirumo・eximoに加えて、手続きをオンラインで全て行う「ahamo」の、計3種類のプランの中から1つを選択することになります。

データ通信量より価格を重視したい方は「irumo」・価格よりも通信量や混雑時のネット速度、実店舗でのサービス等を重視したい方は「eximo」が良いでしょう。

またオンライン上の手続きを問題なくこなせることが条件になりますが、そのうえでデータ通信や通話もある程度使いたい方は「ahamo」が適しています。

ただしahamoに関してはドコモ光割や家族割が適用されないため、データ通信容量が20GBでは足りない場合は「eximo」の方が良い場合もあります。

「irumo」「eximo」の場合、ドコモ光を使うかどうかでかなり料金が変わってくるので、これらのプランを使う場合は家のインターネット回線もドコモにしてしまうと良いです。

既にドコモを使っている方の場合

なお既にドコモやOCNモバイルONEを契約している場合、従来のプランのまま使い続けることも、新プランに乗り換えることもできます。

既にドコモを利用している場合、irumoにすると価格を大きく抑えられるというメリットはありますので、価格を抑えたい方は乗り換えも検討する余地があります。

それを除くと新プランは従来プランと似ている点も多く、明確なメリットはそこまで多くないので、基本的には新プランへの乗り換えを急ぐ必要はないと思われます。

この記事を書いた人

元金貸のアバター 元金貸 貸金業務取扱主任者

キャッシング・消費者金融などの借金問題、資金調達などの専門家。貸金業務取扱主任者資格を持ち、金融業界の裏側まで知る元貸金業者。

目次